スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練。【追記9.29】

なんだか最近、身体調子が悪い。


■ 9月15日():症状発生
■ 9月20日():眼科通院

■ 9月22日17時~
連休中だが当番医(内科)を探して通院。
すごく混んでいた。1時間までやっと診てもらった。
診断→風邪の症状あり、めまい・遠近感取れず・首の痛みがあるため、
検査をすすめられる。

■ 9月24日9時~
地元の総合病院へ行く。こちらも混んでいる。内分泌代謝内科へ
症状を伝える。採血・尿・MRIを当日中に受ける。会社は休んだ・・。
検査結果の時は家族同伴でと言われた。
めまいの薬をもらう。

■ 9月25日
なんとか出勤。

■ 9月26日11時~
検査結果:特に異常なし。「肝脂肪です」と言われた。
MRI画像は脳外科にも確認してもらったらしい。
ひとまず大きな病気の可能性は消えたのでよかった。
前回のものより効きの強いめまいの薬をもらっておいた。
「どうしても辛いようなら耳鼻科へ行ってください」と言われた。
担当の女医さんは前回と違う腕時計をしていた。
アイシャドウの色も若干異なっていた。


薬によりめまいは軽減されるが普通の生活をするのは辛い。
しかし、もう普通の生活が強いられるのだ辛いところ。
なんだか耳鼻科にいっても同じような薬しかもらえない可能性が高いと
思われるし、そもそも耳鼻科をそれほど信用していない。
非回転性のめまい(浮遊感あり)なので、三半規管の辺りがやられているんだろうけど、
それが風邪の延長戦上の症状である可能性が高いのなら、よく食べてよく寝るのが
一番なんだろうなと思う。


・・マジで辛いわ(゚Д゚;)




※追記 : 
■9月28日8時~
出勤しようと家を出たが、あまりに辛いため、そのまま医者へ。
一応耳鼻科にも診てもらおう、と思い。地元で話題の色男先生のいる耳鼻科へ。
8時ちょいすぎですでに先約が10人以上いた・・。9時半すぎには診察。
いままでの経緯を話す。聴力やバランスの検査、視点の動き等、初めてやる検査もあった。
結果: 左に偏ってる。つまり左の三半規管が機能が低下している・・
原因: おそらく、疲れやストレス


内耳の脹れをとるための点滴を打ってもらった。
体調の飲み薬ももらい帰宅。すでに11時すぎ。


何かいろんな謎が解けた。
三半規管(左)障害
 ⇒ 視力(見え方)の障害、平面のような見え方
 ⇒ めまい
 ⇒ 吐き気
 ⇒ 総合的に疲労


ま、問題はどれくらいで回復するかなんだけどね・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。