スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T4

t4_090613.jpg

6.13 『ターミネーター4』(Terminator Salvation)、ついに公開。
午前一回目の上映で観にいってきました。

----
ターミネーター4
Terminator Salvation
監督 McG(マックジー)
製作 デレク・アンダーソン
ヴィクター・キュビチェク
ジェフリー・シルヴァー
モリッツ・ボーマン
脚本 ジョン・D・ブランケート
マイケル・フェリス
デヴィッド・キャンベル・ウィルソン
出演者 クリスチャン・ベール
サム・ワーシントン
アントン・イェルチン
ブライス・ダラス・ハワード
ムーン・ブラッドグッド
コモン
ヘレナ・ボナム=カーター
ローランド・キッキンガー
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 シェーン・ハールバット
編集 コンラッド・バフ
配給 ワーナー・ブラザーズ
ソニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年5月21日
日本の旗 2009年6月13日
*フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』引用
----

公式:(


ま、こう・・・、なんというか。
すごく感動しましたよ。自分的にはこの映画最高でした。

ジョン・コナーよりマーカス(サム・ワーシントン)がかっこよかった。
「ターミネーター」シリーズって人間(生命)賛歌的なところがあるが、やはり主役は
ターミネーター(機械)であることを再確認。

それと、T4はT3や「サラ・コナー」シリーズを観てなくても楽しめると思った。
それは残念ながら過去シリーズとは人物の互換が薄いということが・・・・・
ジョン・コナーとカイル・リースの名を知っていればたぶん十分楽しめる作品。
あとはできれば、サイバーダイン社のことやT-800だけ覚えておけば更によし。

物語の芯に触れることはできないですけど、お勧め映画ですよ
この類の感動は、おそらく『マトリックス・リローデッド』なので

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。