スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イオンシネマへの苦情。

12月5日(金)の夜のことだった。
自宅でWEB上、イオンシネマのページへアクセス。翌日の映画の座席予約をするため。
今観たい映画はひとつ、ジョン・ウー監督『レッドクリフ』。土曜日の午後の上映を予約。
イオンシネマはイオンカードを所持するものだけ、WEB上より予約ができる手順は以下、


-----
1.予約ページへアクセス
2.日時、作品、座席を指定
3.メールアドレスを入力
4.カード番号、氏名、電話番号を入力
5.認証後に注文番号画面
6.上記完了後に3で入力したメールアドレスへ必要情報がくる
※予約後の確認・キャンセルは、メールアドレスと注文番号で行う
----



いつもようにサクサクと手順を進める、・・・・が、6でつまづいた。メールが届かない。
確認ページに行こうとするが、なぜか認証が弾かれる。
今の状況を整理して自分の中で原因と対策のために、仮説を立てた

仮説1.メールアドレスを入力し間違えた
仮説2.フィッシング詐欺ページであった
仮説3.ブラウザ不安定orサーバー不安定なため予約自体成立してない

とりあえず、新規予約として今一度予約ページにいってみると、自分が指定した座席は
予約済みとなっていたため仮設2はほぼ消滅。サーバーメンテ等の告知もないこと、
また今までの十数回、同環境で予約を行い問題なかった点から仮説3もほぼ消滅。
仮説1が濃厚なのはわかっているが、確認しようがなかった・・・。
イオンシネマのWEBページは困った時の問合せ先が一切掲載されていないのだ。
通常の電話窓口に連絡したが、22時台ということもあり、もちろん誰も電話に出ず。

少し腹が立った

いろいろ調べたところ、前回予約時にもらったメール、つまりは6の段階ももらうメールの
内容にメールでの問合せ先が掲載されたいたのでそこへメールを送った。


-------
イオンシネマ**管理者様

先ほどWebより劇場予約した****と申します。
問い合わせる手段がなく、当メールでお問合せしております。
イオンシネマ予約画面(http://aeoncinema.smartreserv.jp/)から
必要情報の予約を行いましたが、メール返信がきません。
確認画面より必要情報を入力しても認証できない状況です。
電話で追い合わせができる番号もないようで、困っております。
認証時はこちらもメールアドレスを入力しました。*******@softbank.ne.jp
当方が入力したメールアドレスの情報が間違っていたのかも
しれませんが、それを確認する方法が御社Webシステムには存在しません。
画面から受け取った情報は以下です。→注文情報:******
上記を踏まえた上で早急な確認と連絡を要求します。
2008年12月6日午前中までに上記内容に関して何の返答もない場合は、
直接イオンシネマ@@窓口で、お問合せさせていただきます。
-------


その後、期日の午前中には管理者より連絡があり、すべては解決した。
先方がいうには、自分がメールアドレスを入力し間違えたそうだ・・・・・。
3の段階で誤ったメールアドレスを入力しても何の警告もないシステムである

ということがはっきりしてしまった。なんとも頼りないシステムだ・・。これを利用したいが
ためにイオンカードをつくった自分が情けなくなった。ひとまず、対応してもらったことに
関しては礼を言っておいたが、なんともいいかげんなもんだよ。そもそも、人間が入力する
項目は間違える可能性は永遠に0%になることはないのだから、それを想定した設計を
しなければならない。たしかに記入を間違える客も悪いけどさ。一言で言うならばそれは
傲慢なシステムで、自分としてはバグと思えるよ。(と言いたいがこれは黙っといた_no)



// -------------------------
と、そんなこんなであったが、『レッドクリフ』は時間を忘れるほど熱中できたデキ。
字幕の入れ方にB級っぽさを感じたが、迫力の戦闘に引き込まれっぱなしだった。
自分的には周瑜はもっと美青年がよかったかな。諸葛亮はあたり役な感じがする。
小喬があまりにきれいなので驚きました。劉備は赤壁の時はもう少し若かったと
思うけど気のせいか・・。
この映画の監修に母校の教授の名前があったのは驚きでしたよ。渡邉教授。
後編(PartⅡ)もきっちり観にいきますよ。

レッドクリフ 公式(

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。