スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご迷惑をおかけしました。

たしか4月26日だったと思う。

15:30くらい・・・
カインズとニトリに買い物に出かけ、クルマから荷物を下ろしてた。

アパートの台所周辺で、急にめまいがして立てなくなった。
その時に連れがいたため、「ちょっと・・・」と声を上げて、
そのまま床に横たわる。

「めまい」というよりは三半器官が突然機能しなくなった感じ。
吐き気がすごい。偏頭痛もすごい。
20分くらい横になってもまったく回復しないため、救急車を呼ぶ。

4/25 16時くらい、O市内
西*島~高*周辺の救急車は私です。




救急車のお兄さん方はとても親切だった。
T林のH江病院に運ばれて、知らない間に採血・点滴だのいろいろ注射。
3箇所の針の跡がついた。
心電図もとられ、脳のCTもとられた・・
結論としては疲れ・ストレスらしいと・・・
(救急の患者も病院はやっつけ仕事である事実を知った。)

1時間点滴をうっている間、側にいた連れは永遠とDSでテトリスを
やっていた。苦しみながら、「点滴はあとどれくらいかな・・」と
きくと、テトリスから目を離さずに「あと少し」と回答。
人って一体何なんだろう。。


20時、未だに二足歩行できない状態にも関わらず家に帰される。
タクシーに乗る時も家に入る時もすべて四つ足。

二足歩行ってのはすごいことなんだなと近年のロボット工学を尊敬。


とりあえず二日間寝た・・・
少しよくなったが、今でも少しめまいがする。



結局50時間以上の時間と1万円以上の大金を失った。
飲み会:定例会にも参加できなかった・・・
ブログも更新できず。作成予定のプログラムも作れない。
もちろん引越し作業及び各所への連絡も行えなかった。
介護してくれた人やお見舞いの人には心から感謝した。


もう倒れたくないので、カラダにやさしい人でいたいと思った。
人体に関して少しだけ知識がついた。
いい経験(?)だったと思いたい。






皆様大変ご迷惑をお掛けしました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。