スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てい電にそなえる@自分.org

3.11の東北の地震
→ 北関東、自分のまわりでも計画停電が実施されはじめた。

そこで停電時のメモ書きを残します。
※いろんなテンプレートはあるけど、以下は自分Verということで・・。



---

1.停電時間は事前に把握する。
 ・・当然のこと。
 仕事場のことも考える。取引先の停電時間も考慮すべし。

2.準備はできるかぎり。
 懐中電灯と電池(エネループ)、iPhoneとWiMAXルータ、任天堂DSは充電しておく。
 ※DSは灯りとしてつかう。
 ポットの湯は沸かして保存しておく。
 食材(肉・魚・野菜)はできれば事前に加熱しておく。

3.夜の停電時はできるかぎり寝る。
 19時くらいには停電になる場合もあるため、寝るに限る。
 原始的生活は人間として理想。

4.こんなときこそ、人を見ておく。
 災害や停電などの緊急時は、人の本性が出る。
 緊急時に人のことを考えることができる人は、本当にやさしい人。
 萎縮してしまう人は、芯からの頼りない人。
 うちの奥様は実家に帰ったっきり、何もしない。連絡してみたけど、何をしていいか
 わからないらしい・・。人間力が問われると思う。
 
5.資源は無駄使いしない。
 ガソリンが全然ない。
 特に群馬の人たちはクルマ命なため、ガソリンにも敏感。
 自分もあと3日くらいでガソリンは終わる。補給できない不安はある。
 どうしようかと思う。・・ま、ガソリン補給不可なら他の手段考えるしかない。
 
 
---



・・非常にさみしい。くやしい。
ここはなんとか凌ぐしかない・・。


前向きに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。