スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おどろくべき、災害。

まずは時系列で。


---------------
3月11日
 14時50分くらい:会社(足利市)でシゴト中。非常に揺れ始めた・・。
  揺れが長引いてどんどん大きくなるので焦った。
  モニタと机の引き出しを支えた。

 15時15分:あまりに余震が多いのでシゴトをやめてビルの外に出た。
 
 16時00分:電話が全然通じない。数人は早退した。
  Webは利用できたため、TwitterやMixiで事態を把握した。

 18時前:少々早いが帰宅。足利市内はほとんど信号が止まっていた。
  堀込薬師の交差点中央でひとりの人が倒れていた、周囲を何人かの人がいた。
  にもかかわらず、複数台のクルマが交差点を行き交う。右折できない自分は
  5分ほどその光景を見ていた。救急車がきて搬送しようとしているとこまでみた。

 18時半:渋滞がすごい、電話も通じない。いろいろと不安になったため
  伊勢崎市の実家に向かうことにした。

 20時:実家に到着。全員無事だった。
  友人数人から連絡がきた。タイムラグは激しい。
  妻は連絡とれない。メールは送った。

 21時:アパートに帰った。WimaxルータをHDD(1.5T)が床に落ちていた。
  お盆がごみ箱に入っていた。壁に傷が付いていた。

 24時:妻と連絡とれた。実家にいた。やはり災害意識が薄い。
  自分は、余震や二次災害に備えていろいろ準備してから寝た。

---------------
3月12日
 3時くらい:大きな余震がきた。とにかく余震が多くて不安。
  しかし、もう一度寝た。
 
 8時:起床。テレビを見ると当然ながら、全部災害情報のみ。
  恐ろしく被害者数が増えていた。まだまだ増えるんだろう。 
 
 10時:晴れているので洗濯をした。必要なものも買い出しにいった。
  妻はいない。まさかこんな日でもパチンコ!?
  「SP」を観にいく予定だったが、近くの映画館は内装が崩れたらしく
  再開見通し不明とのことなので中止。

 13時:PCが起動しなくなった。「スタートアップ修復」画面が出て、
  「修復できませんでした」→ の繰り返し。プリンタをつないだまま休止にして
  復帰時にオフったのが原因だろう・・。Windows7 貧弱すぎるだろ。

 15時:とりあえず、いろいろ心配なため実家へ帰った。
  余震続きで愛犬が吠えていた。しばらく一緒にいることにした。

 20時:節電のため、布団に入ることに。

---------------
3月13日
 8時:起床。あいかわらず余震がつづく。
  被ばくの話をきいた。怖すぎる・・。

 12時:親父が「鳥めし」買ってきたので食べた。災害とは関係ない。
  ガソリンがやばいという話を親父から聞いた。

 17時:明日からの生活があるため、アパートへ。
  途中ガソリンスタンド3件寄ったがすべて「売り切れ」だった。
  灯油は買えた。スーパーで食糧を多めに買っておいた。
 
 18時:福島の友人と連絡とれた。本人無事だったが、家と店が大打撃と。
  体があれば何とかなるので、とにかくよかった! 

 21時:妻と連絡がとれない。・・もう、いいや。
  計画停電の話もあるため、冷蔵庫の肉を焼いておいた。
  明日の昼ごはん(弁当)も作っておいた。
 
 22時:一応ブログに記録しとこうと思い立って、いま。
  明日って会社あるんだろか・・。


---------------
2004年10月23日の新潟県中越地震の時の方が、自分の体感的にはすごかった。
あの時はビルの4階にいたためだろうかと思う。周囲の棚がいっきに崩れた記憶がある。
結果的に震度6の今回の地震はいままで体験した中では最大だった。。
電話や電気は何でこんなに脆いのだろうか。
明日以降の計画停電も怖い。何かが怖いかというと信号機が止まってしまうことだ。
ローカルドライバーの7割くらいは不適格者だから、事故がおきても不思議じゃない。
正直いうと、いろいろ不安があり、シゴト場なんか行く気にはなれない。
でもとりあえず行くしかないんだろうな・・・。


気仙沼にある伯父さんの実家はどうなったんだろうか・・。
海の近くだから、たぶん家は全損だろうけど。・・無事を祈ります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。