スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルニア。

ヘルニア【hernia】

ラテン語。「飛び出すの意味」


一般的には「体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態」を指す。
鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(でべそ)、椎間板ヘルニアなどである。
(参考:Wikipedia

========================================================



年末からどうしても腰痛が酷いので、本日1月4日朝一(8時半)に
整形外科にいった。地元のKM整形外科。いろいろ調べたけど割と有名らしい・・。

医院内はそれなりに混んではいたが、9時半くらいには診察してもらえた。

問診

レントゲン

診察

MRI

診察

お会計

薬局へ。 



結論:どうやら椎間板ヘルニアらしい(泣;


よく「ヘルニア」という言葉をいうけど、全然意味わからないので調べてみた。

・「腰痛 → ヘルニア」という意味合いで使用している場合は、
 「椎間板(ついかんばん)ヘルニア」のことらしい。

・椎間板とは、脊柱の一部。
 ※脊柱とは体幹の中軸をなす骨、つまり背骨。

・背骨を構成する骨はブロックみたいな形のものが複数あって、
 ブロックの間に、軟骨みたいな部分が存在する。それが椎間板というものらしい。

・ブロックにかかる圧力により、椎間板が変形してしまうことがある。
 変形して飛び出した部分が、周囲の部分に干渉してしまう。
 干渉する部分には神経がある → つまりこれが痛いの原因。

110104_her.jpg
※画像検索より拝借。


自分の場合は、軽度のものであり、外科的な手術は不要。

医者は言った。

「保存治療となりますね」

「おいおい・・」
この「保存治療」ということば、手術以外の方法で対処すること全般を指すらしい。
実に適当だと思いませんか。・・→納得できずにいろいろ聞いた。

こんな内容らしい


 「(MRIを見て)今の状態は、椎間板の軽度変形があり、
 一時的に(神経が)炎症を起こしている。
 おそらく手術するレベルものではないので、
 炎症が治まるまでの、一時安静が必要である。」


その他:
完全に炎症が治まるまでは、3~6ヵ月くらいは必要。
炎症鎮痛のシップ、負担軽減のコルセットを強制購入。
激しいランニングや重い荷物を運ぶことは禁物。
ジョギング・ウォーキングは可能。

・・・なるほど、同症状の原因としてはいろいろあるだろうけど、
一番の原因は、生活環境(労働環境)や老化(骨)らしい。
重労働を重ねた場合は、二十代でも発生することが多いとのこと。



つまりに消耗品ってことですか!!?


「仕方ないか・・」
と受け入れてしまう心も年をとった証拠かもれない(汗。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。