2010年04月

ピース・ウォーカー。

またきた!名作。

うーん、PSPか。

ちょっと迷う。PS3をやってからにしようかな。







おぉぉ、ダンボールに入って歩きたい(´∀`)
スポンサーサイト

『希望』を手に入れた。

やっと納車した・・。





さよなら愛車カローラワゴン。

10万キロの走行(トータル15万キロ)ありがとう。
かなり強引な乗り方をしたけど、致命的な故障は一度もなかった。
寒い日には6000回転近くまで軽快に回るエンジンだった。

100425a_car.jpg


こんにちは。わたしの希望。
ブラックの20系ウィッシュ。
そんなにデカいクルマではないけど、後ろに長い。
乗り心地は快適。(まだ慣らし運転中)
外見どノーマルだけど、エアロ的なデザイン。

100425b_car.jpg

エンジンルームもとってもきれい。
カローラはエンジンルームは隙間が多かったけど、ウィッシュはみっちり。

100425c_car.jpg



早く、慣らしを終えて、きっちり回して乗ってみたい。
とりあえず今日100kmほど走行してみた。

あ、そうそうVSC(横滑り防止機能)も載ってるみたいなので、
広いとこで試してみたい!

1Q84~その後。

なんだかんだ、いいながらも
・・1Q84、読んでます。ゆっくりと。

久々の午前帰宅でも少しだけ読みます。


------
青豆さんのストイックなところが好きです。
『キル・ビル』シリーズのユマ・サーマンを思い出す。

物事も思考もシンプルな程にすばらしいと思う。



さぁ、寝るか・・。

1Q84

いろいろとTVで騒いでた作品「1Q84」。

シリーズ1と2で200万部のベストセラー。
なんだか時代に流されて自分も読んでしまった。
そしてシリーズ3はつい先日発売。売り切れ店続出!!


本日朝9時、市内の大きめな書店にGO!


・・・

040417_1q84.jpg

むちゃくちゃ大量に売ってますよね!?



とりあえず、給料日直後ということも後押ししてしまい → 購入。
1・2を読んだ自分は、とっても不毛な展開であるとわかっていても読みたかった。

同氏の作品は、複数読んだことあるが、どれも
日常っぽいけど、日常ではない話。穏やかな展開だが内容は刺激的。
「緩い複合コーナーで出口が狭い道」的な魅力(?)がある。
文体は翻訳的な感じ。・・といった感じか。
こんな大々的に販売してますが、内容はかなりエロ要素含んでます。



と、いいつつ購入した自分は、支持者(たぶん)。
ざっくり斜め読みしてやる

ベストカー。

なんだか最近、また残業が増えてきた。
晩御飯も食べずにふらふらしながらの帰路。
ふと、立ち寄ったコンビニで思わず立ち読む雑誌「ベストカー」。

月末には、Myカー納車だが、それはそれ、これはこれ、
純粋に読み物としての雑誌に興味あり、いちクルマファンとして興味あり。


「トヨタ 160万円級スポーツカー発覚」


うん、なるほど。
トヨタはFT-86のターゲットが40~50代であることに気づきはじめていて、
それが値段の問題であったり、必要以上なハードウェア仕様であったりする。
ってそこで考えた。
1.5Lランクで軽量FRをお手頃な値段で提供し、若者層をゲットしたい。
きっと若者は大人になるに従い、マークX→Lクサス という階段を意識する。
あ、そうだ。意外と知られてないが、トヨタには1.5LのFRのクルマがすでにある。


・・・

トヨタ RUSH
090414_rush.jpg
@toyota.jp Rush 3Dシュミレーション


同車は4WDとFRのラインナップしかない。もちろん縦置きエンジン。
こいつの足回りをスポーツ仕様し、ボディ形状を少し換えればできあがり(??)
1000kgで109psのスポーツの軽快な仕様です、と。
ま、正式発表ではないのであしからず。

ちなみに、1987年に発売されたカローラレビン(AE86)のノッチバックは、
900kgで130ps、足回りはストラット&リジットでちょっと弱いけど、加速はスポーティー。

正直、1tで110馬力じゃ、遅いんじゃないかい??




---
もう少しで手元にくる新車は、1.8Lのミニバンなので、スポーツがほしい話は
ヴァーチャルだが・・。
でもね、ミニバンはミニバンの楽しみ方があるから。
1BOXより全然走りはいいし、室内で泊まることもできるし。生活もできるし。
家に帰りたいない時に有効かな。(現実問題だね・・)

うわさ。

ちっちゃな話題いろいろとあります。



----

100412_momora.jpg

桃屋の食べるラー油。
結構話題なんで知ってる人も多いはず。
自分はまだ買えてないんだよ。誰か譲ってください(;´Д`)




----


M$Officeのアシスタント機能、冴K先生ってご存知ですか?
前々Verで引退してしまったのだけど、また復活するらしい。
しかも今度は実写で、つい先日撮影したとのうわさがあった・・。
実は、モデルさんの写真はもう見たことあるんですよ(こっそりと)。


一気に初々しくなります。



----


実は、『北斗無双』というゲームに憧れている。
ちょっと動画見たけど、かなりいい感じ。
もちろん無双シリーズなんで、コーエー的なのは全然承知。マジでプレイしたい・・。

しかしね、
北斗ってやはり前半の方が面白いのね。コンセプト的なもんなのかね。




----



そういえば、新車がくるまで、あと2週間弱。
思えば早いもんだな。今の愛車(H9年式カローラワゴン)は、見た目ボロくも
よく走るクルマ。言ってみればスポーツ選手の兄をもった肥満気味の弟。

しかし、いまだに毎日きっちりレッドゾーン手前まで回してあげてますよ。
雰囲気満点の回転フィール。
いつかまた、こいつの系統に乗りたいなとちょっと思った。
絶滅する前に八六をゲットしとくか(!!?)


----




いよいよ、毎年恒例iPhoneの新型発表まもなく・・。
OS(&SDK)は先日公開、iPhoneOS4.0!!
いよいよマルチタスク(サードパーティアプリ)がサポートされる。
しかしながら、3GS以降もモデルのみだとよ・・。あれれ。

しかも開発側としても、.NetやFlashからのコンバート系の実装は
アプリの審査でNGとなるらしい。厳しいよ。
Appleは徹底的にFlashを追い出しにかかっている。

iPhoneアプリのすばらしさは、ベースとなるUIのセンスのよさが全てな気がする。
悔しいが、他のスマートフォンじゃ、まったく比にならん。
Flashなくても全然いけますよ。でもFlash使えたらいいな。



----


今日は雨なので、日課のウォーキングができずに寂しい。
朝は晴れればいいな。

3ヶ月で約8km減量したけど、まだまだ脂肪がたくさん。
明日からまたがんばろう!!



・・・・っと、雑話だらけの日記完了。


傑作@iPhoneアプリ

なぜかここ数日でトップ売り上げ
大花火@iPhoneアプリ。



動画を見て驚いたっ!

音・画質・リール速度、とレベルが高い・・。
画像操作によりここまで実装できるとは驚き。
リール浦の電球の光り具合や、音のビビり具合も再現されている♪♪
これは名作ですよ。

当日スロ筐体の最大口径スピーカーは大花火とアステカだった。
そのせいか、妙に迫力と緊張感をいまでも思い出す。

あ、そうそう、
自分は未購入ですよ。買いません。ラブプラス@iPhoneアプスも買いません。
Orbで十分満足なiPhoneライフが遅れているためかもしれない・・




そしてアステカ(初代)。
無骨な曲がいい♪実機の前で打つ人はすごい音振動で、携帯電話のバイブも無意味になるくらいの衝撃。
指定文化財だね。

【ローカル版】不毛地帯

※以下フィクション作品です。(・・ということにします)



【あらすじ】

主人公YU(男子)は、約一年前に結婚した。一般的には甘い話であるはず。
・・が、しかしその結婚生活は過酷を極めるものであった。
原因は妻のギャンブル癖と、いいかげんな日常生活であった。・・・・。
ギャンブルや、ゲームでの夜更かし、夜間のひとり晩酌、そして生活に及ぼす多大なる影響。
YUはカイゼンを目指し、何度も真剣に話合う姿勢を見せた。しかし、妻の不摂生は進行する
ばかり。ADHD(注意欠陥多動障害)なのかもしれない・・。
YUは妻の親にこのことを話すことにした。(親はギャンブルのことは一切しらない)
さぁ、どうなるか・・。


-------

4月5日(日曜日)
朝9時、毎週の楽しみであるDragonBallを見終わると、YUは妻の実家に向かった。
きれいに髭をそり、短髪をハードジェルで固めた。XLサイズのパカーを着て、気合な身なりだった。

ピンポーン。ひとまず、妻実家に単独潜入成功。
妻母はおらず、妻父だけがいた。これは好都合。この家の父と母は不仲な場合が多いので、
慎重な話は別々に話すのがよいと思っていたからだ。
いざ、会話を開始。事実をすべて話さずに小出しにする作成にしたため、とりあえずパチンコのことを
話した。すると父はかなり驚いた。

「えっ!そりゃ・・聞いたことない話だな・・・」


いまひとつ信じられないみたいだった。YUも一応補足する
「カメラで現場を撮影したわけではないので確証はないですが、本人の言動から推測すると濃厚です」
「わたしが心配しているのは、お金の使い込みではなく、パチンコが及ぼす副次的な効果なのです」
「寝付けない身体や夜間での飲食、家庭内でのコミュニケーションをとる時間への影響です」
「今後のことを考えて注意しても、逆に起こってしまい、それが喧嘩の原因となってます」

「うーん・・・、まぁ、パチンコは絶対ダメだが、・・・」
「お互い何とかうまくやってくれ」


ま、なんとも投げやりな回答ではあったが、今回の交渉はここまででよい。
妻父は元国家公務員で**省にいたくらいだから、年老いてはいるが、それなりに頭のよい人間なので
YUがいわんとしていることと、その裏に考えていることくらい読み取ることができたはずだ。
YUにはまだ言っていないこともいくつかあった(競艇・競馬・子供不要論)が、ここでは伏せておく。
そして最後に「今日のこの場での話しは2人だけのことにしてください」と念を押して、やりとり完了。

このシナリオを最終的には、「協議離婚・慰謝料請求」という目的地点①と、
「円満夫婦・実家名義変更」という目的地点②の究極ゴールが存在する。
YUは、これからの展開を考えるとても興奮せずにはいれなかった。


(つづく)・・かもしれない

パチンコ&スロット中毒

同居人(妻)の話です。

本日金曜日、自分も同居人もサラリーマンであり、お疲れな週末。
21時近くにやっと晩御飯も食べ終わった頃、
その時に同居人が発したことばに驚いた↓↓


-------

「今からパチ屋に行ってくる」

は!!?


どう考えても意味不明だろ。よく考え見ろ
※家庭的にNGだし、スロ立ち回り的にもNG行為だから。

「どうでもいいから、戦国無双を打ちにいきたんだよ!!」

(こりゃだめだ)勝手にすれば・・。

「・・いっちゃダメなのかよ!」

(その後数分間、壁や床を叩く音&奇声が続く)

※非常に漫画的だが、これが現実だから怖い


-------

なぜかハイテンションだなと思ったら、晩御飯時にこいつはビールと焼酎を飲んでいた。
よく考えてみたら、先週も先々週も土日はすべてパチ屋か競艇行った様子だった。
(自分はいってない)
・・よく冷静に考えると、こんなことを複数回繰り返している気がする。

家でつかうクルマ(ミニバン)を選ぶ時も常時自分ひとりでディーラーへ行っていた。
ふつうは、夫婦ならばふたりで見にきたりするよなぁ、と思ったりもしていた。


とりあえず、中毒者には何をいっても無駄なので、今度ヤツの親に相談してみようかな。
親もたぶんこのこと知らないんだろうから、驚くとは思うけど。

「飲酒」「暴言」「ギャンブル」
これは最悪の状況なんじゃないだろうか・・

そろそろ一年だから契約満期でもいいのかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。