Mac

獣。

写真 11-07-24 午後5 17 36

発売されたばかりMacが気になって
近所のPCショップをチェック。

ありました、新型Mac Book Air。


いろいろと、いじくりまわした。
うーん、仮想モニタをつくりそれぞれアプリを立ち上げて、アクティビティモニタでチェック。
Mission Controlでスワイプで画面を高速で遷移させたり。

Safariで画面の拡大を楽しんだり。
Lionから画面の拡大が自由になったので、Winユーザーも使いやすいと思う。

Launchpadはあまり意味は感じないけど、iPadユーザーはぐっとくるはず。

あとは、Xcodeをいじりたかったけど、さすがに店PCにはない。
できればBootCampでWindows7もうごかしてみたい。


---
→ Mac Book Air 1600/11.6 MC968J/A
1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
SSD 64GM
メモリ 2GB
Intel HD Graphics 3000プロセッサ

最廉価モデル 848,00円
※USキーボードがよいのでアップルストア購入(予定)
---


・・・なんだ、このスペックで十分じゃないか!!

おそらく、メモリは2GBでは足りてないとは思うが、
スワップしても高速SSDなので意識するレベルではない。

あとはMacOSが得意なGUIでスムーズさをアピールする、
・・・といった仕掛けがトリックな気がします。

タッチパッド上のアクションやキーボードショートカットの操作も
ユーザーにとっては絶妙なシンクロ感だ。
つまり使えば使うほどに、思ったことがスムーズにできるようになる。
・・・これは練りに練った結果だと思う。



こりゃ、魅せられるな。






-----
ちなみに、最近のお店(デンキ屋、PCショップ)の一般客の動きをみてると、

スマートフォン > iPad >>> Mac >> Win >>> iPad以外のタブレット
こんな気がする。

iPadの支持層はかなり広い。
これが時代の流れなのだろうか・・・。


たしかにiPadはすばらしいが・・・・(続く)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。